沿革

 私たちの母校、香川県立高松商業高等学校は、明治33年(1900)高松市浜ノ町見性寺内に創設 した高松市立商業学校と、翌年、綾歌郡坂出町に誕生した香川県立高松商業学校を母体として 創設されました。 
 大正11年(1922)4月1日予科を廃止し、5年制に改め香川県立高松商業学校と改称。昭和20年(1945)7月4日戦災のため校舎全焼、高松市立第1中学校ほか4か所に分校場を置く。昭和24年(1949)2月1日現在の場所、松島町1丁目18番54号に校舎新築移転。平成21年(2009)より校舎の建て替え工事が始まり平成23年(2011)3月完成しました。
 紫雲会東京支部の創立は、昭和10年頃(1935)鈴木祥枝氏、松本 昇氏、鎌田正明氏の三氏が中心となり東京支部が発足しました。
 初代支部長は鈴木祥枝氏(明治36年市立第1回卒、東京海上火災保険社長)、第2代は鎌田正明氏(明治38年卒、日本興業銀行参与、商工中央金庫初代理事長、国民相互銀行社長)、第3代は、岡内英夫(大正15年卒、資生堂社長)、第4代は、伊丹宏文氏(昭和12年卒、フジコピアン社長)、第5代は、溝渕利幸氏(昭和28年卒、高松商事社長)が平成20年度まで支部長をされ、その間、東京支部75周年記念総会を開催し、会員の作品展も併せて実施しました。大きな成果は、東京支部の運営方法に民主的で透明性のあるやり方へ会員の協力もあり変えていきました。
 平成21年(2009)4月より第6代支部長を安西 愈氏(安西法律事務所代表)が担当し、会員による会員のための活動をより推進し、親睦と交流を活発化し、母校との絆をより深めていく考え方を実践するため、支部長・役員会を補佐する常任理事会の機能をより高めております。平成21年7月より、紫雲会本部、大阪支部、学校側出席者との懇談を目的とした紫雲会懇談会を実施しております。
 東京支部は、本部紫雲会、大阪支部、母校との連携を密にして共に発展・成長をしていきたいと思っております。

ビル
港